消費者金融の審査結果はスコアリングと信用情報で決まる

皆さんは消費者金融の審査結果は何で決まると思いますか?

これは『スコアリング』+『信用情報』で全て決まるんですね。

消費者金融会社は、このスコアリングと信用情報の2つを合わせてお客の返済能力を判断して審査の可否を決めます。

信用情報とは、そのお客の現在と過去の借金実績や借金履歴です。

そのお客が現在いくら他社で借金をしているのか?

過去に借金をきちんと返済していたのかの信用情報を「個人信用情報機関」で照会して確認します。

そして、スコアリングとは、そのお客の属性(年収、職場、年齢、勤続年数、居住年数、家族構成)を点数化したものを言います。

スコアリングが高ければ高いほど審査が通りやすいと言う事です。

スポンサードリンク



今日はそのスコアリングについて解説します

消費者金融のスコアリングについて分かりやすく解説

消費者金融の審査時に行うスコアリングは具体的かつ分かりやすく解説すると以下のような感じです。

左側の方からスコアリングの点数が高く審査に有利となります。

(家族構成とスコアリング)

独身で家族と同居>既婚者で子供がいない>既婚者で子供あり>独身で家族と別居(一人暮らし)

(居住年数とスコアリング)

居住10年以上>5年以上10年未満>3年以上5年未満>1年以上3年未満>1年未満

(年収とスコアリング)

年収600万円以上>年収400万円以上>年収300万円以上>年収200万円以上>年収100万円以上

(勤務形態とスコアリング)

公務員>専門職(弁護士や医者)>大手サラリーマン>中小サラリーマン>派遣、アルバイト、パート>自営業者>無職、専業主婦

(勤続年数とスコアリング)

勤続10年以上>勤続年数5年以上>勤続年数3年以上>勤続年数2年以上>勤続年数1年以上>勤続年数半年以内

(借入件数とスコアリング)

他社借入件数ゼロ>借入件数1件>借入件数2件>借入件数3件>借入件数4件以上

・・・だいたい上記のような感じでスコアリングが付けられます

左側の方であればあるほどスコアリングが高いです。

しかし、右側に行けば行くほどスコアリングが低くなっていきます。

消費者金融会社は、これらの項目を点数化(スコアリング)していき合計点数が高い人ほど審査が通りやすくなります

あなたは、何点付くでしょうか??