専業主婦は消費者金融では借りれなくなった??それは本当か??

専業主婦が消費者金融でお金を借りれなくなったと言われて久しい。

昔は借りれたのに今では専業主婦と言うだけで審査は門前払い・・・・・

これは本当なのか?

専業主婦は消費者金融でお金を借りれなくなったのは本当か?

結論からいいますと、本当です。

金融法の改正、総量規制の施行が始まってから専業主婦の新規の融資は難しくなりました。

以前は専業主婦も旦那さんに安定収入があれば消費者金融でお金を借りる事ができました(旦那さんに内緒で)

しかし、今は内緒で借りるのは難しくなりました。

仕事に就いていない無収入の専業主婦が消費者金融でお金を借りる場合は原則、旦那さんの同意書が必要となりました。

つまりコッソリ借りれることはなくなりました。

しかし専業主婦がお金を借りれる抜け穴もあります

スポンサードリンク



金融法律の改正により専業主婦が旦那さんに内緒で消費者金融で新規にお金を借りるのは難しくなったのは上記でも説明しました。

しかし、その法律も抜け穴があります。

つまり専業主婦でも「ある方法で」旦那さんに内緒で無担保・無保証人のフリーローンでお金を借りることが可能です。

それは「銀行のカードローン」を利用することです。

『えっ!?銀行のカードローンじゃ消費者金融よりも借りるのは難しいのでは?!』・・・・・と思う人もいるでしょう。

しかし、実際はそれほどでもありません。

今は銀行のカードローンはアルバイト、パート、自営業者、派遣社員などの非正規雇用者やフリーランスでも借りれる時代です。

現に、銀行系のカードローンの公式ホームページなどを見ると「アルバイト、パート、自営業者でもOK」と表記されております。

更に!!!

「専業主婦もOK」と表記されている銀行カードローン会社が多いのです

一見すると借りるのが難しそうな銀行カードローンですが、専業主婦にとっては最も借りやすい融資先であったりします。

では、なぜ消費者金融は専業主婦がダメなのに銀行カードローンは専業主婦でもOKなのでしょうか??

消費者金融も銀行カードローンも基本的にはやっている事は同じです。

同じ無担保・無保証人のフリーローンサービスです。

それは法律の管轄によるものです。

確かに消費者金融もカードローンも同じフリーローンサービスです。

でも管轄している法律が違うのです。

消費者金融会社は「貸金法」の管轄

銀行カードローンは「銀行法」の管轄

この違いです。

消費者金融の管轄である貸金法では「専業主婦の融資は旦那の同意がないとNG」ですが、銀行カードローンの管轄である銀行法では「専業主婦の融資はOK」となっております。

だから専業主婦の方でどうしても家族や旦那に内緒でお金を借りたい場合は、消費者金融はスルーして銀行カードローンを申し込むと良いです。

専業主婦でも借りれる銀行カードローンは全国にも沢山あります。

大手の都市銀行のカードローンは勿論、IT系のネットバンク、地方銀行、信金などカードローンサービスを行っていますのでそちらを選ぶと良いでしょう。

ただ、専業主婦の方が借りれる金額(限度額)は30万円位が限度です。