そもそも消費者金融のブラックリストって何だ?

そもそも、消費者金融でよく聞くブラックリスト。

これって一体何者??

ブラックリストとは「金融事故情報」の事を言います。

つまり過去に消費者金融や他のローン、クレジットでトラブルを起こした人の事故情報です。

この事故情報は個人信用情報機関に履歴として記録され、最低約5年間は残ります。

ただ、個人信用情報機関には「ブラックリスト」という表記で履歴が付くわけではありません

「異動」という表記で記録されます。

この「異動(ブラックリスト)」情報は以下の事をしでかすと履歴として付いてしまいます

1)自己破産

2)任意整理

3)個人再生

・・・ようするにローン会社、クレジットカード会社、消費者金融会社などからお金を借りておきながら延滞したり、返済が不能になったりすると結果的に自己破産や任意整理、個人再生などの道を歩むことになります。

自己破産、任意整理、個人再生など3つのことを「債務整理」と呼びます。

そう、、ブラックリストは債務整理をしでかすと履歴として残ってしまうんです。

その履歴はいつまで残るのかと言いますと上記の3つの債務整理が完全に済んでから最低5年間は残ります。

このブラックリストの間の5年間はローンやクレジットカードの契約をすること自体がほとんど不可能です。

本当ならば債務整理の解決後5年間じっと待ってブラックリストが消えてからローンやクレジットカードの申し込みをした方が良いのですが、何を血迷ったのか・・・・「ブラックリストでも借りれる消費者金融はないものか?」と躍起になって探し求める人もいます。

よほどお金に困っているのは明らかですが、では実際にブラックリスト中の人が消費者金融でお金を借りる事って可能なのでしょうか?

これは不思議な事に実際に借りれているケースをよく見かけます。

では、どんな人が、どんな消費者金融業者から借りれるのでしょうか?

ブラックリストでもお金が借りれる人の例

スポンサードリンク



ブラックリストになってしまっている人でも極稀に消費者金融の審査に通ってしまうケースをみかけます。

しかし、これは本当に稀なケースなので、「ブラックでも借りれるのか!」と過度な期待はしない方が良いでしょう。

ブラックリストの誰でも借りれるとは限りません。

以下の人がブラックリストでも借りれるケースだといえます

1)たまたま運が良かった人

口コミなどをみても「えっ!?嘘!!」と思いたくなるようなブラックな人が普通に大手の消費者金融などから借りれたケースをたまにみかけます。

何を間違って審査が通ったか分かりませんが、そういうケースも稀にあるようです。

2)審査が激甘な消費者金融を選んだから

世の中には審査が激甘な消費者金融があります。

大手や銀行系などの消費者金融に見捨てられて借りれない人が、ある中小の消費者金融で申し込んだらアッサリと借りれたケースを見かけます。

勿論、闇金ではありません。

正規の消費者金融でもブラックリストでも審査が通りやすい業者は中にはあることはあります。

3)ブラックリストとはいえ元々属性の高い人

仕事が公務員とか専門職とか大手エリートサラリーマンとか誰が見ても超安定していて失業しそうにない属性の人っていますよね?

そういう人は消費者金融会社から返済能力もあると評価されて審査が通ることがあります。

逆に属性が低いアルバイトやパートの人はブラックリストになると新規の融資は難しいでしょう。

4)ブラックリストだけど収入が高くて安定している人

ブラックリストになっている人は、新規で消費者金融に申し込んだ場合は大抵は収入証明が必要となります。

その時に高収入で毎月安定した収入がある人の場合はブラックリストでも「返済能力がある」と評価されて審査が通る場合もあるようです。

上記の1~4までの人がブラックリストでも借りれる事がたまにあるようです。

ブラックリストでも借りれる消費者金融はどんな業者か?

では実際にブラックリストでも借りれる事がある業者ってどんな所か?

1)大手の消費者金融

極稀にブラックリストの人が大手で借りれたという声を聞きます。

借りれた人はよほど運が良かったのか、それとも属性が高い人なんでしょうね。

2)銀行系の消費者金融

これも信じられませんが、実際に借りれた人がいます。

銀行系も属性次第で借りれる事があるようです。

3)中堅、中小、街金系の消費者金融

ブラックリストでも借りれた人のほとんどが中堅や中小の街金系消費者金融です。

いわゆるマイナーな消費者金融会社です。

中堅や中小の消費者金融は大手で借りれなかった人の受け皿的な存在なので、多少属性が悪くても過去にブラックリストがあっても借りれる事もあるようです。

ただ中小だからといって全てのブラックリスト者が借りれるとは限りません。

過度な期待はせずに、気軽な気持ちで申し込んでみてはいかがでしょうか?